ヘッドホンレビュー

ソニーのハイレゾ対応ヘッドホン「MDR-Z7」をレビューしました。

更新日:

圧倒的な音を鳴らす!SONYのハイレゾに対応したフラグシップヘッドホン「MDR-Z7」をレビューしました。

「MDR-Z7」を買った経緯

MDR-Z7

 

1年ぐらい前からハイレゾで音楽を聴いてみたいと思ってハイレゾ対応なヘッドホンをあれこれ探していました
アニメの曲がハイレゾ版で配信されるようになりハイレゾ音楽が自分の守備範囲に入ってきたというのが大きいですちなみにこの時点では候補としてMDR-1Aを検討していました


しかしそんな空き家になっていた祖父の家を解体するという話がやってきたのです
解体前には家の中の物を処分する必要がありました
とはいえ産廃業者に引き取ってもらうと結構良い金額を取られますそこで少しでも節約できたら良いなと軽い気持ちでヤフオクに出品したら意外に売れてびっくり思わぬ臨時収入と相成りました


この臨時収入で予算が増えたのでワンランク上のMDR-Z7が手の届く範囲に降りてきましたこういうお金は手元にあるうちに貯めずにさっさと使うが吉ですしかしいくら予算内で買えそうでもさすがに試聴ナシで買えるほどの度胸はありません


早速お店に行ってMDR-Z7を試聴他のメーカーのもこのぐらいのクラスになるとムダのない音でどれも聴いていて気持ちいいですMDR-Z7は最初の候補のMDR-1Aと比べると音色がやわらかめな印象個人的には好みの音でしたやっぱり買うしかない値段にビビりつつも迷っていると買う前に手元のお金が消えるような気もしますそれは嫌だということで清水の舞台から飛び降りるような気持ちで購入ホントこんな機会でもなければMDR-1Aで終わっていたと思います

「MDR-Z7」の良いところ

MDR-Z7

音質について

さすがソニーのフラッグシップモデルなだけあって素晴らしいの一言尽きます
最初に聴いた時はあまりのすごさに目がテンになりました

もっとも以前から使っているイヤホンはMDR-Z7と価格が一桁違う5千円程度のものですから何を聴いても良く聴こえるのかもしれませんけど.。でも私には劇的ビフォーアフター展開であなたの人生変わるわよ状態でした

無駄のない滑らかな音が耳に優しく入ってくる感じはクセになります奥行き感も全く違います高価なのはちゃんと理由があるんだなぁ痛感します音の表現が細かい感じもしますそのせいか左右の音の違いがわかりやすいですライブ録音した楽曲を聴くと臨場感があってライブ会場にいるような気分になれます

後から中古でUSBDACを購入してそれを通して聴いてみるとまた音色が変わってびっくりしました音色が化けるとでも言えば良いでしょうかさらに無駄がなく研ぎ澄まされた音になった感じがしましたケーブルを別売りのkimberケーブルに変えるとまた音が変わるようですがこれもまた高価です魅力的ではありますが今は手が出ません

装着感について

ドライバーユニットが70㎜もあるので装着部分が大きいですイヤーパッドの厚みは4cmもあってボリューム感たっぷり

付けた感触を例えるなら少し固めの低反発クッションで顔を左右から挟まれたような感じでしょうかイヤーパッドは柔らかいのですが押されて沈み込むこともありません優しく押し包むようで気持ちいいです

イヤーパッド部分の素材は合皮ですが布に近いさらっとした感触です汗がたまってもベトベトづらくて汗っかきな私には助かりますイヤーパッドが大きいのでその分ホールド力も強いですこのため付けてずり落ちそうになることもありません

デザインについて

奇をてらうこともなくスタンダードなデザインで落ち着いてて良いと思いますでも大きなイヤーパッドの存在感がハンパないですパッと見た時にヘッドバンドが一瞬小さく見えてしまうほど大きいです

「MDR-Z7」の悪いところ、改善して欲しいところ

MDR-Z7

音質について

確かに素晴らしい音ですただヘッドホン単体とUSBDACを通したのとを比べると単体は少し物足りない感じがします単体だけだと音が軽くて奥行き感がないのですこのクラスになれば単体で使う人はいないと考えているのかわかりませんがこの点は残念に思います追加でヘッドホンアンプやUSBDAC交換ケーブルなどを揃えていくと結構な金額ですまたMDR-Z7は密閉型ヘッドホンですが完全な密閉型ではありませんなので音漏れがします私はそこまでボリュームを上げて聴くことはないので気にしてませんが心配な人は注意した方が良いかもしれません

装着感について

付けて1時間ぐらい経過すると耳たぶの後ろ辺りが圧迫されるのが少し痛いですねやや強いホールド感でメガネの弦が顔の側面に軽く食い込む感じもちょっと気になりますとはいえこちらは痛いというほどではありません後は重量が335gあり長い間付けていると意外に肩がコリます今まで100g未満のイヤホンを使ってましたから慣れの問題かもしれませんがデザインについてヘッドバンド部分に本革が貼ってあるのは個人的にはあまり好みではないです無理に高級仕様になった感じがして疲れます

「MDR-Z7」おすすめのオプション品

専用リケーブル

SONY製のポタアン

「MDR-Z7」のレビューをまとめると

MDR-Z7

思いがけず購入しましたが今までにない音の世界に触れることができました高価ですが聴き込んでいくうちにそれだけの価値があることを強く実感させられましたオプションでヘッドホンアンプやUSBDACなどを付けることで音はさらに素晴らしいものになっていきますただこのオプションも本体同様高価なのがたまにキズです大体高価な物はオプション品も高価なんですよね

 MDR-Z7

 

-ヘッドホンレビュー
-, ,

Copyright© セレクトイヤホン , 2018 All Rights Reserved.