イヤホンレビュー

Jabra Elite Sport4.5をレビュー

投稿日:

ワイヤレスヘッドセットで有名なJabraの左右独立型ワイヤレスイヤホン「Elite Sport」をお借りしましたので、レビューします。

 

Jabraとは?

Jabraとは、デンマークのコンシューマーヘッドセットメーカー。
特に、Bluetoothヘッドセットに定評があり、日本では「Jabra MINI」や「Jabra Classic」などの片耳用ヘッドセットが根強い人気を博しています。

デンマーク・コペンハーゲン発のGNグループ。1869年に電信会社として誕生し、古くは日本とユーラシア大陸を結ぶ通信ケーブルを敷設するなど、日本との関わりにおいてデンマーク企業の中でもっとも長い歴史がある企業です。ヘッドセットのリーディングカンパニーとして変貌を遂げた現在、日本国内では1986年にコンタクトセンターなどの業務用ヘッドセットメーカー“ジーエヌテレマチック”(2004年6月にGNネットコム(株)へ改称)、2002年にモバイルコンシューマーヘッドセットメーカー“GN Mobile”(ブランド名:Jabra)を設立。2006年にはこれら2部門を統合し、社名を“GNジャパン株式会社”に改称しました。業務用およびBluetoothヘッドセット分野における世界シェアNO.1のヘッドセットメーカーとしてGN Store Nord A/Sは世界60カ国以上におよぶ多数のユーザーの皆さまから支持されています。 今や、世界のマーケットリーダーにまで成長した「Jabra」は、高度な技術力と優れたデザイン性に加え、OEM対応能力も高い評価を得ており、世界中の各地域に密着したサポートから産み出される戦略的ビジョンに沿った製品の生産が可能です。その製品は全世界約8万以上の販売パートナーが取り扱い、各国の主要携帯電話機メーカーはもちろん、各国政府機関、警察、軍隊、空港、港湾関係者らからも絶大な信頼を得ています。 可能性を最大限に引き出し、現代社会のニーズに応え続けるGNグループ「Jabra」。これからも皆さまのために飛躍し続けます。

引用元:jabra

 

Jabra Elite Sportの開封画像

今回手に入れたのは、「Jabra Elite Sport」のGREY GREEN(グレーグリーン)。
スポーツタイプのイヤホンに多い少し蛍光がかった緑色が印象的。

この他にBlackのラインナップもあるそうです。

外箱

箱は側面に磁石が付いていて横に外せるようになっています。

箱を開けると中にはイヤホンの本体と充電器が出てきました。

さらにその下にはUSDケーブルと説明書、そして3サイズのイヤージェルとフォームチップ、そしてイヤーウィングが入っていました。

充電器

こちらの箱の様に見えるのは、充電器になっています。この充電器を使うとフル充電2回分ためておく事ができるそうです。

イヤホン本体の駆動時間が4.5時間なので、イヤホン満タン(4.5h)+充電器を使って2回フル充電(4.5h×2=9h)で最長13.5hの駆動ができるそうです。

 

側面にはUSB充電ケーブルの差し込み口。

蓋をあげるとイヤホンを収納できる様になっています。

側面には充電用のUSBケーブルが刺さる様になっています。

実際にイヤホン収納するとこんな感じ。

蓋を閉めて持ち運べる様に設計されています。
収納ケースに充電機能がついており、使わない間に充電してくれる。
とてもよく考えられていますね。

 

実際に軽量してみました。
充電器のみの重量は66g(実測値)ととても軽いですね。

イヤホンを入れた状態だと80gでした。
これでもかなり軽いですし、持ち運びにも困りません。

付属品

次は付属品などを見ていきましょう。

 

充電用のUSBケーブルです。特に特徴はありません。

ウィングチップです。上がLサイズで下がSサイズ。
羽部分の有無などサイズによってデザインが異なります。

 

シリコンイヤージェル3セットです。
若干薄めになっておりフィットしやすそうな印象。

 

フォームチップ3セット。
どちらかというと、コンプライよりもSONYのトリプルコンフォートイヤーピースに似ています。

イヤホン本体

イヤホンは左右で独立しており、片方での使用も可能です。

まずは左用イヤホンです。

 

側面にはボタンが付いており、音量の上げ下げと曲送りができる様になっています。(タップで音量・長押しで曲送り)

 

次は右用のイヤホンです。

右用のイヤホンが親機になっているようで、右用のイヤホンに左用のイヤホンを近づける事によって両方のイヤホンから音楽が流れる仕組みになっています。
左用のイヤホンが近くにないと左用のイヤホンからは音は流れません。
ですので、右用のイヤホンのみでは使えますが、左用のイヤホンのみの使用は出来ないようです。

Jabra Elite Sportのレビュー

ランニング中に外れる事はなさそう

独立型のワイヤレスイヤホンという事で、1番気になるのがイヤホンのフィット感ですね。
激しいスポーツ時の着用に耐えられるのか、長時間使用で耳は痛くならないかなど気になります。
例えば、ワイヤレスイヤホンでもネックバンドやケーブルで繋がっているタイプなら、片方が外れてしまっても落としてしまう事は少なくなります。
ですが、左右が独立しているタイプだと、片方でも外れてしまうと落としてしまい壊れたり無くしてしまう心配も出てきます。

その点、Jabra Elite Sportはかなりしっかりとフィットする様になっているので心配はありません。
実際にランニングで30分ほど走ってみたが外れそうと感じる事はありませんでしたし、きっちりホールドしてくれているのが分かります。

また、30分程の着用では耳が痛くなるという事もありませんでした。

防水防塵性能はIP67らしい

 

防水防塵性能がIP67とのことなので少し試してみました。(借り物なのでちょろっと試したくらいですが)
水道で水を掛けてみたのですが、ちょっとした雨では問題なさそうです。

音質はかなり良質

ワイヤレスというと、まだまだ通信も不安定で音質も悪いって印象の人も多いはず。
私もそんな印象を持っていた一人なんですが、Jabra Elite Sportのワイヤレス機能はかなり安定していました。
使用していたかぎり、通信が切れたりプツプツノイズも入りませんでした。

音質もかなり良いです。
スポーツイヤホンだし、たいしたことないと思って正直舐めていましたが、良い意味で裏切られました。

ただ、若干高音が刺さるのが気になりました。
いわゆるサ行が刺さって聞こえるってやつですね。

iPhoneでは音量が大きいかも

iPhone6とJabra Elite Sportで試聴。
屋内の静かな場所で聞いてみたところ、感度が良いのか音量1でも少し大きく感じました。
ランニング時なら問題ないのですが、屋内だともう1段階小さい音を選べると良かったです。

充電器を持ち運び用のケースに

ワイヤレスイヤホンでは、USBケーブルを直差しで充電する機種は多いと思います。
ですが、Jabra Elite Sportはケース自体に充電用の電池が内蔵されており、ケースにしまっている間に充電ができる優れもの。
充電ケース自体も軽く丈夫そうで、持ち運びに良さそうです。

アプリ連動でハイテク機能満載

イヤホンには心拍計が内蔵しており、平常時やスポーツ時の心拍数を取得分析。

アプリと連動して消費カロリーの計算やランニングのペース指示などを行ってくれます。

アプリは無料でiPhoneとAndroidに対応。公式ストアからダウンロードできます。

Jabra Elite Sportの詳細スペック

■本体サイズ イヤホン:長さ27×幅30×厚さ22.5mm、チャージングケース:長さ72×幅51×厚さ26.5mm
■本体重量 イヤホン:6.7g×2、チャージングケース:67g
■内容物:チャージングケース/ USB充電ケーブル1本 / イヤーフック、シリコンイヤージェル、イヤーウイング3サイズ(各1セット)/ クイックスタートガイド1冊 / 保証書1式
■充電時間:本体&チャージングケース同時充電 最大3時間(最初の15分で1時間分充電可能)、 本体のみ 最大2時間
■Bluetooth認証:Bluetooth 4.2、CE、FCC、IC、 RoHS、REACH
■保証期間:3年間(アプリでの登録が必要)
■通信範囲:最大10m
■USB端子:Micro-USB
■バッテリーライフ:最大通話時間 4.5時間 (携帯充電ケースに 9時間分)連続待受時間 200時間
■連続待受時間:200時間
■スピーカーサイズ:6.8mm×5.1mm
■スピーカー感度:103dB@1kHz@1mW
■スピーカー周波数帯域:16Hz-20kHz
■マイクロフォンタイプ:4 x MEMS
■マイクロフォン感度:-38dBV/Pa
■マイクロフォン周波数帯域:100Hz-10kHz
■対応プロファイル:A2DP (v1.2)、hands free profile (v1.6)、headset profile (v1.2)
■動作温度:0℃ to 55℃
■保管温度:-40℃ to 65℃
■防水・防塵規格:IP67
■ペアリングデバイス:最大8台
■充電端子:5PIN micro USB / B Type / 幅8.7×長さ5.0×厚さ2.4mm
■使用素材: silcone rubber、PARA (polyarylamide)、PC/ABS、PC、PP、TPU、TPE-V、TPE-S
■ペアリングのパスキーまたはPIN:0000
■通話の機能:ミュート・リダイヤル機能あり
■その他機能:完全ワイヤレススポーツ用イヤホン・心拍&運動回数計測・音声コーチ機能・外部音取込み機能

引用元:ビックカメラ

-イヤホンレビュー
-, ,

Copyright© セレクトイヤホン , 2017 AllRights Reserved.