イヤホンレビュー

1MOREの3ドライバーイヤホン「E1001」をレビュー

更新日:

【1万円台】2016年4月頃にXiaomiのイヤホンブランド1MOREから発売された「E1001」をレビューします。「E1001」は、ダイナミック型を1基とバランスド・アーマチュア型を2基を搭載したハイブリット型の3ドライバーユニットを採用しており、充実した付属品や聴き疲れしないチューニングが魅力的なイヤホンです。

こちらのイヤホンは、フリーウェイ株式会社様より試聴機をお借りしてレビューしております。今回はこちらの「E1001」の他に「1M301」と「EO323」もお借りしてますので、合わせてレビューしていきます。

E1001の開封画像

それでは開封していきましょう。

外箱

E1001の外箱です。横からの画像を見れば分かりやすいですが、図鑑をイメージしたデザインになっており、側面に磁石の留め具が付いています。
非常におしゃれなデザインだと思います。まるでファンタジーの世界の魔法書の様な雰囲気です。

E1001の外箱正面

E1001の外箱正面

E1001の外箱

E1001の外箱

E1001の外箱横

E1001の外箱横

おしゃれな外箱を開けるとまず見えてくるのはイヤホン本体。
内側に描かれたイヤホンの構造図もデザイン性を引き立てます。

E1001の中身(1段目)

E1001の中身(1段目)

イヤホンの入った1段目をめくると付属品が収納されていました。

E1001の中身(2段目)

E1001の中身(2段目)

付属品は4つの箱に分かれています。

E1001の2段目に入っている物

E1001の2段目に入っている物

付属品の中身は機内用アダプター、イヤホンクリップ、説明書、イヤーチップでした。
それではここから個別に付属品を見ていきましょう。

E1001の付属品の中身

E1001の付属品の中身

付属品

イヤーチップ

付属のイヤーチップは、元からイヤホンに付いていた分を合わせて、シリコン製の物が6サイズ、低反発ウレタンのフォームチップが3サイズです。
通常ですと、低反発ウレタン製のフォームチップが使われる事は少ないので、かなり贅沢だといえるでしょう。

E1001のイヤーチップ

E1001のイヤーチップ

E1001のイヤーチップアップ

E1001のイヤーチップアップ

携帯用ハードケース

革張りの携帯用ハードケースです。タバコくらいの大きさで、マグネットの金具が付いています。

E1001のハードケース

E1001のハードケース

E1001のハードケース

E1001のハードケース

E1001のハードケース

E1001のハードケース

E1001のハードケース

E1001のハードケース

E1001のハードケース横サイズ

E1001のハードケース横サイズ

E1001のハードケース横サイズ

E1001のハードケース横サイズ

E1001のハードケース高さ()

E1001のハードケース高さ(フタ側)

E1001のハードケース高さ()

E1001のハードケース高さ

イヤホンクリップ

画像でわかる通り、サイズは小さいです。色は銅色が近いでしょうか?これまたファンタジーっぽい色合いです。

E1001のイヤホンクリップ

E1001のイヤホンクリップ

E1001のイヤホンクリップの計測

E1001のイヤホンクリップの計測

E1001のイヤホンクリップの計測

E1001のイヤホンクリップの計測

E1001のイヤホンクリップの計測

E1001のイヤホンクリップの計測

E1001のイヤホンクリップの計量

E1001のイヤホンクリップの計量

機内用アダプター

こちらも先ほどのイヤホンクリップの同じ銅色のカラーリング。大きさは軽く手のひらに収まるサイズで、5gと軽量です。

img_2223

E1001の機内用アダプター側面

E1001の機内用アダプター側面

E1001の機内用アダプター正面

E1001の機内用アダプター正面

E1001の機内用アダプターのサイズ

E1001の機内用アダプターのサイズ

E1001の機内用アダプターのサイズ

E1001の機内用アダプターのサイズ

E1001の機内用アダプターのサイズ

E1001の機内用アダプターのサイズ

E1001の機内用アダプターの重さ

E1001の機内用アダプターの重さ

イヤホン本体

さあ、お待ちかねのイヤホン本体をみていきます。

E1001

ハウジングの側面には「1MORE」のロゴ

E1001

E1001

E1001

E1001

E1001

E1001

E1001のリモコン表

E1001のリモコン表

E1001のリモコン裏

E1001のリモコン裏

イヤホンのY字に分岐する部分です。分岐より下は編み込みになっており、耐久性がありそうです。
そして、分岐より上のコードには縦に線が入っています。絡まり防止でしょうか?

E1001の分岐

E1001の分岐

E1001のプラグ

E1001のプラグ

E1001のハウジング部分の重量

E1001のハウジング部分の重量

E1001の重量

E1001の重量

E1001のレビュー

聞き疲れしない万能型イヤホン

「E1001」を試聴して、まず最初に感じたのは、一緒にレビューした同じ1MOREの「1M301」と「EO323」に比べると、かなり落ち着いていて、とても聞きやすいという事。
特に、前2つのイヤホンがドンシャリ傾向が強かったので、特にそう感じたのかもしれません。
長時間聴いても疲れない、いい意味でマイルドな音質だと思います。

音の傾向としてはフラットだと思いますが、低音域が少し強いです。
音場はそこまで広くないですが、解像度が高く、音に分離感があるので、ボーカルが非常に聞きやすいですね。

充実の付属品

「E1001」を開封して驚いたのは、付属品の充実っぷりです。

イヤーピース

イヤーピースはシリコン製と低反発ウレタン製の2種類があり、サイズ違いでシリコン製は6セット、低反発ウレタン製は3セット用意されています。通常のイヤホンですと、付属されているのはシリコン製のイヤーピースを4サイズが標準的だと思いますので、かなり充実していると言えますね。

イヤホンクリップ

左:E1001右:EO323

左:E1001右:EO323&1M301

イヤホンクリップは、高級なイヤホンでも付属品に入ってない場合もあるので、「E1001」の付属品に含まれているのはプラスポイントです。画像を見たら分かりますが、「1M301」と「EO323」は銀色で「E1001」は銅色のイヤホンクリップになります。

機内アダプター

左:E1001右:EO323

左:E1001右:EO323

機内アダプターは、飛行機内で、映画や音楽などをイヤホンで楽しむ為に、使用する変換アダプターですが、こちらも高級なイヤホンにしか付属されない物です。
画像を見れば分かりますが、機内アダプターは「EO323」の物とデザインに違いがありますね。
「E1001」の機内アダプターはアンティークっぽいデザインが可愛いです。

ハードケース

左:E1001右:EO323

左:E1001右:EO323

私も並べてみるまで気付かなかったのですが、ハードケースもEO323とは革の素材が違う様です。

フィット感ok寝フォンもok

3ドライバーユニットを採用しており、必然的にハウジングは大きくなりがちですが、このサイズに収めたのはお見事。
重量も軽く、フィット感も抜群で、長時間の使用でも疲れにくいです。

また、気になる寝ながらの通話や音楽を聴く事も、耳が痛くなる事なく使えました。

E1001のレーティング

E1001のレーティング
8.6

価格

8/10

    デザイン

    8/10

      装着感

      9/10

        高音

        8/10

          中音

          9/10

            低音

            9/10

              良いところ

              • - 充実の付属品
              • - 疲れない装着感

              悪いところ

              -イヤホンレビュー
              -, ,

              Copyright© セレクトイヤホン , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.