イヤホンレビュー

1MOREの1M301をレビュー【Xiaomi】

更新日:

【5,000円以下】2016年4月頃にXiaomiのイヤホンブランド1MOREから発売された「1M301」をレビューします。

「1M301」はダイナミックドライバを搭載したカナルタイプのイヤホンで、2016年4月頃に1MOREから約4,500円ほどで発売されました。

こちらのイヤホンは、フリーウェイ株式会社様より試聴機をお借りしてレビューしております。今回はこちらの「1M301」の他に「EO323」と「E1001」もお借りしてますので、合わせてレビューしていきます。

なお、こちらのイヤホンは1M301(the voice of china)という中国版になります。

1MORE 1M301の開封画像

まずは外箱からです。

外箱

外箱

外箱・裏面

外箱・裏面

外箱・側面

外箱・側面

外箱の大きさは片手で持てるサイズで、横8.3cm縦12cm高さ5cmでした。

1M301

1M301

1M301

1M301

1M301

1M301

外箱は横にスライドするタイプ

 

外箱開封

外箱開封

スライドを外したところです。

外箱

外箱

外箱開封

外箱開封

箱の中身です。

1M301の同封内容

1M301の同封内容

赤い箱の中にはイヤホンクリップとポーチが入っていました。

1M301のポーチ

1M301のポーチ

1M301のポーチ裏

1M301のポーチ裏

ポーチは側面に力を入れるとパカパカする奴です。このタイプのポーチをなんて呼べば良いか分かりませんが、イヤホンポーチでは良くあるやつですね。

1M301ポーチ開け口

1M301ポーチ開け口

1M301の開け口

1M301の開け口

ポーチのサイズを測ってみました。

1M301のポーチ

1M301のポーチ

1M301のポーチ

1M301のポーチ

こちらはイヤホンクリップです。カナル型のイヤホンだと、タッチノイズが気になる事が多いので、この付属品は嬉しいですね。

1M301のイヤホンクリップ正面

1M301のイヤホンクリップ正面

1M301のイヤホンクリップ裏面

1M301のイヤホンクリップ裏面

1M301のイヤホンクリップ側面

1M301のイヤホンクリップ側面

イヤホンクリップのサイズを測定してみました。イヤホンクリップは大きくないので目立たずにつける事が出来そうです。

1M301イヤホンクリップ

1M301イヤホンクリップ

1M301イヤホンクリップ

1M301イヤホンクリップ

1M301イヤホンクリップ

1M301イヤホンクリップ

イヤホン本体が入っているプラスティック製のケースです。

1M301ケース

1M301ケース

ケースから取り出すとゴム製の収納スペースがありました。
ハウジングやリモコン部分がすっぽり入る様にデザインされていて、側面に巻きつける様にケーブルを収納できるので、絡まりにくくスッキリ収納できます。
少しかさばりますが、ポーチを使うよりもこちらを使った方が良いかもしれません。

1M301

1M301

1M301

1M301

1M301

1M301

ケースの底にはサイズ交換用のイヤーピースが収納されていました。サイズはXS,S,M,Lの4種類です。

1M301のイヤーピース

1M301のイヤーピース

1M301

1M301

ハウジングは大変軽いです。

1M301

1M301

1M301

1M301

右用のハウジングには「1MORE」のロゴ、そして左用のハウジングには「the Voice of China」のロゴが書いてありました。
こちらは日本版だと両方「1MORE」のロゴになっている様です。

1M301のハウジング

1M301のハウジング

リモコン部分はプラスチック素材で出来ており、軽いですね。質感は少し安っぽいです。

1M301

1M301

ケーブルの左右二股に分かれる部分から下はケブラーを編み込んだ素材でケーブルを補強しており、耐久性がありそうです。
ただし、二股から上のハウジング側は、ビニール素材のケーブルで少し細さが気になります。

1M301

1M301

ジャック部分は3.5mmストレートケーブルを採用してます。個人的な希望ですが、L字ケーブルの方が扱いやすいので少し残念です。
ちなみにケーブルの長さは1.25mです。

1M301

1M301

1M301の重さ

1M301の重さ

1MORE 1M301のレビュー

最近、日本でも受け入れられつつある、中華イヤホンですが、今回レビューするのは、Xiaomiという中国に本拠地に置く総合家電メーカーの音響ブランドである、1MOREから販売している「1M301」です。

驚きの解像度とドンシャリ風味

1M301は、5,000円以内で購入出来ますが、この価格を考えると信じられないくらいの解像度と音に厚みが感じられます。
音の傾向はドンシャリで、高音は突き刺さる感じが若干しましたが、それも気持ち良いと感じられる程度。
低音はかなり力がある印象で、ドラムはもちろんの事、ベースの音も耳にボンボンと圧力が感じれるのが気持ち良いですね。
また、低音が強いイヤホンに多い、音がこもる様な事もなく、音の粒がはっきりと感じ取れます。

マイクの感度も良好

1M301には、iPhoneとAndroid共通で使えるマイク付きリモコンが付いているので、友人に協力してもらってマイクの感度も調べてみました。
1M301とiphone付属の純正イヤホンを使って聞き比べてもらう方法を試して貰ったのですが、iphone付属の純正イヤホンに比べると、1M301の方がクリアに聞こえるそうです。
ただし、イヤホンの形状がカナル型なので、しゃべりながらだと、相手の声が少し聞き取り辛く感じ、しゃべる時に自分の声が少し篭った感じになるので、声のボリュームが自然と小さくなったりします。慣れれば気にならないかもしれませんが、耳栓をすると普通の声で話しているつもりでも、声が小さくなるのと同じ事ですね。

イヤホンクリップは嬉しい

付属品はイヤホンクリップとポーチ、そしてサイズ交換用のイヤーピースが付いてきます。
カナル型のイヤホンは、タッチノイズが気になりやすいので、イヤホンクリップが付属されるのは大変ありがたいですね。
ポーチは、ポーチの口にワイヤーの入っており、側面から押して開けるタイプです。(側面を押してペコペコさせる奴)このポーチなんですが、素材が布なので耐久性と衝撃からイヤホンを守れない事と、サイズが縦は10.5cm、横が7.2cmと小さいのがマイナスポイントです。安いので付属品にはそんなに贅沢な事は言えませんが。

1MORE 1M301のスペック

  • ドライバ:ダイナミックドライバ
  • 再生周波数:20Hz~20,oookHz
  • リモコン:iPhoneとAndroidに対応
  • 音圧レベル:98dB
  • 本体質量:15g
  • ケーブル長:1.25m
  • プラグ3.5mm金メッキストレートプラグ
  • インピーダンス:32Ω

-イヤホンレビュー
-, ,

Copyright© セレクトイヤホン , 2017 AllRights Reserved.